アメリカ/カリフォルニア・ロサンゼルス海外生活と旅のまとめ

海外お役立ち情報!!女性が知りたい乾燥対策・アンチエイジング/エイジングケアも随時アップしてます♪

アメリカ・海外生活の色々 おすすめ・紹介サイト

「近頃の出会い・婚活はSNS?!」

投稿日:1月 11, 2018 更新日:

私は仕事柄1日中PCに噛り付いている感じなので、休憩はもっぱらSNS、そしてニュースチェックもネットニュースと言う感じなので日々いろいろなニュースや記事を読んではブログの記事にしているのですが、今日も”なるほど”サイトを見つけたので記事にまとめたいと思います。

タイトルにした「近頃の出会い・婚活はSNS?!」

見つけたサイトはコレ→【大人の出会いを求めて婚活】
早い話、婚活サイトですね。

 

このサイト記事を書いたのはきっと男性だと思うんですよ。

何だがところどころ男目線、男心が垣間見れて従来の婚活サイトよりもストレートと言うかなんというか、スラスラ楽しく読めたので今日はこのサイトをピックアップしてみました。

だけど何故こんなに食いついたのか!

それは実は、
私と旦那さんはズバリ!SNS/Facebookで出会ったからです!

と言っても、当時はこのサイトを知らなかったのでこのサイトを見つけて婚活したわけではないのですが・・・。

私たちにはお互い共通の友人がいてその人を通してFacebook上で始め友達になり、そしてそのうち仲の良いグループができ、それぞれの性格を投稿やコメントを通して知っていき、どんな人なのか分かってきたころでタイミングよくオフ会と言う名目で、夏にビーチパーティをして、そこで初めて直接彼と会いました。

人生とは何が起こるか何も分かりませんね。
あの時、Facebookで友達になっていなかったら、あの日のオフ会に参加してなかったら今の私はいないんだな。
と、つくづく感じています。

では私はどんなことをFacebookに投稿していたのか?というと、私の当時のFacebookの投稿は酷いもんでしたw

当時の私は、働いていた会社が急激に忙しかった時期で、始発出勤終電帰宅のような激務にな日々が続いていたため、たまに早く帰れる日はビールを早く飲みたいがためにわざわざ横須賀線グリーン車に乗り、ビール飲みつつ、つまみを食べながら帰宅すると言うような生活でした。

なので私がFacebookに投稿する内容は、まるで疲れ切った中年サラリーマンのようでした。

同僚も私の部署は私以外女性はおらず、恰好は常にパンツスーツ。取引先は地方自治体やゼネコン企業などが主だったので、華やかさは全くなく7年勤務していた私は見る見るうちに男性化。

グリーン車でつまみ片手に缶ビール、つまみは柿ピー、たまにチーチク・・・仕事帰りに職場の仲間とビールで乾杯、たまにお酒以外の物を投稿したと思えば仕事の合間に食べる昼食、しかも定食(だいたい茶色)・・・地方への出張も多かったので、地方のB級グルメなんかを食べてこれが美味しいとかなんだとか・・女子力の「じょ」の字もないオッサン的生活を日々投稿していました。

 

そしてこんな生活を送っている当時の私には、もちろん彼氏がいるわけもなく、母親には「女としてどうなの?」と心配される始末。

そんな時、友人に付き合って行った占いで特に何も占ってもらうことがなかったので「この先、私に好きな人はできますか?」と占い師さんに聞いたほどでした。なので私も「こんな自分を好いてくれる人は絶対にいないなー。」と感じでいました。

 

でも!そんな私を好きになってくれる人もいたんですよー。

 

私がこんな感じだった時と同じ時、彼は仕事が落ち着き悠々自適な暮らしをしており、そして彼を取り巻く女性は、私とは似ても似つかないモデル美女や、お嬢様方。

「女性は常に美しいもの!」「一緒に連れて歩くなら誰もがうらやむような女性のみ!」

と彼は当時考えていたようで、私と実際直接会うまでは「この人こんな投稿ばっかりしてるけど実はオッサンなんでは?と思っていたよ!あはははは~」と言われました。

 

でも、結局会って話してみたら性別は女だし、Facebookのやり取りと全く変わらない人間だったので、彼の周りにいる女性たちとは似ても似つかなすぎて、彼は逆に私に興味を持ってくれたそうです。

 

結果オーライ!!

家族や友人たちに「あなたの結婚生活は想像できない。」と散々言われてきましたが33歳で結婚、私は今、幸せに結婚生活を送っています。

 

神様ありがとう!!w

 

Facebookって他のSNS(ツイッターやインスタグラム)とは違い登録は基本本名ですし、多くの人がリアル友達と繋がっているSNSなので、他のSNSよりも本人がどういう人なのかその人の投稿やコメントを見ると分かりやすいですよね。

 

だから私もFacebook上で知り合い、実際仲良くなれた人が男女問わず何人かおり、今でも仲良くさせてもらっています。

 

SNSはどれも根本的に同じと言えば同じですが、私は自然と使い方が分けられています。
※これはあくまで個人的意見です。

✔Facebookは(現在)リアル友達のみ友達申請許可で大人になってなかなか会えなくなった同級生や会社の友人との交流の場。
✔Twitterは全くの偽名で、クダラナイ独り言や完全に知らない人とTwitter上で友達になり騒いだり愚痴ったりの場。
✔Instagramは食事日記(私の場合)、本当に仲の良い友達と情報収集的名目で美味しそうなレストランや、オシャレな人や気になる芸能人をフォローして癒される場。

という感じですかね。

 

今回ピックアップしたサイトでも書かれていましたが、SNS経由で知り合うのは実際気を付けなければならないこともあります。まだまだインターネットでの新たな出会いには抵抗があっても仕方ないことかもしれません。

ですが、出会いを求め直接会う友人の紹介や、合コンも安心で安全とは全く限りませんよね。
外見だけで判断し、判断され、中身を知らないまま付き合うことになったけど、結局遊ばれて終わった・・・実は結婚してた・・・とんだゲス野郎だった・・・などなど、ふたを開けたら結局最悪。なんてことも、ざらにありますよね。

いつ、どこで、誰と出会えるかは誰にもわかりません。

何事も自分がシッカリ気を付けていれば出会う場所なんて結局関係なくて、運命の出会いは何処にあるのか分かりません!

 

彼氏ができない・・・結婚できない・・・出会いがない・・・と、もし悩んでいるのなら、いつもと違う“一歩”が今必要なのかもしれません。

最後にもう一度、
今回紹介したサイトはコレ→【大人の出会いを求めて婚活】

自分の幸せは自分で手に入れましょう!

 


 

-アメリカ・海外生活の色々, おすすめ・紹介サイト

執筆者:

関連記事

Amazonの実店舗「Amazon books」へ行ってみた!

ウエスト・ロサンゼルスにあるリニューアルしたての Westfield Century City 内にオープンした「Amazon books」へ行ってきました。

アメリカに住む日本人の人口

まず、総務省統計局がまとめる国勢調査(国調)または各都道府県による人口統計値を表したものから発表されている、Demographics of Japan(日本の人口統計)では、日本はOECD諸国の中で最 …

アメリカで日曜日のお買い物と言えば”Farmars Market”

3月になり日本も徐々に暖かくなってきた季節、ロサンゼルスでも朝晩の冷え込みは相変わらずですが、日中は半袖で過ごせる日が増えて気持ちの良い天気が続いています。

ロサンゼルスのB級グルメが大集合しているフードマーケット「Smorgasburg」

隔週の日曜日にロサンゼルスのダウンタウンで開催されている、「Smorgasburg」と言う、ロサンゼルスのB級グルメが大集合している”フードマーケット”へ行ってきました♪

アメリカから日本へ 小包発送方法

久しぶりに日本に荷物を送る用事があったので、アメリカから日本に荷物を送るまでの工程をまとめてみました☆ アメリカから荷物を発送する際、送れるもの、送れないものがあるので気を付けてくださいね。

プロフィール

【プロフィール】

食べること&旅行が大好き!

引っ越しが多い家庭環境で育ち、15歳から日本とアメリカを行ったりきたり・・・

アメリカは、ミシシッピ→アトランタ→ニューオリンズ→フロリダと引っ越しを繰り返し、今ロサンゼルス在住3年目です。

海外生活で知っておきたいあれこれや、アメリカを中心にした各地の旅行情報、女性が気になるコスメ実証実験レポ・乾燥対策情報などなど。

随時情報を更新しています♪
foodania_777