アメリカ/カリフォルニア・ロサンゼルス海外生活と旅のまとめ

海外お役立ち情報!!女性が知りたい乾燥対策・アンチエイジング/エイジングケアも随時アップしてます♪

LA滞在時に知っておきたい雑記 アメリカ西海岸/カリフォルニア・ロサンゼルス情報 ロサンゼルス・交通機関

アメリカでの路上駐車事情 / カリフォルニア・ロサンゼルス

投稿日:2月 24, 2018 更新日:

アメリカの路上駐車は日本とは大きく異なるルールがあるので紹介します。
路肩に赤ラインが引いてある部分は駐車禁止です。黄色は一時停車可能、何もラインが引いていないところが路上駐車可能箇所です。
料金を払えば路上駐車できる場所には必ずこの看板があります。

↑ここは朝8時から夜8時まで、1時間以内の路上駐車可能です。

※場所により看板の内容が異なりますので必ず看板の内容に従って駐車しましょう。時間を守らなかったり、料金を支払わず駐車した場合はスグにチケットを切られワイパーに反則チケットを挟まれます。

 

アメリカのパーキングメーターは大まかに分けると2種類。

今日は最も多いパーキングメーター2種類の使用方法を紹介します。

 

その①パーキングメーターに利用分数が表示されるタイプ。

(このタイプのパーキングメーターの旧式型で、利用可能の時間内は緑色のランプが点灯、利用可能時間が切れると赤ランプが点灯するタイプもあります。)

このパーキングメーターが最も多い一般的な物です。

お札は使用できません、使用可能な現金は¢25ー、¢10ー、¢5ーで、銀色のコインは使用可能と覚えておくとよいと思います。

※¢25-以外使用できない旧式のパーキングメーターもあるので注意してください。

¢25-は、パーキングメーターの他にコインランドリーや自動販売機など、日常で一番使用するコインなので常に持っておくと良いです。

もし現金(コイン)が無くても、アメリカはカード社会なので、パーキングメーターでも基本的にはカードが使えます。

 

=使い方=

①コインの場合

コインを入れるとモニターに入れた金額分の駐車可能分数が表示されます。

始めに紹介した、看板に表示されている利用可能最大時間までカウントすると自動的にそれ以上はお金が入らなくなります。

緑ランプが点灯したら完了です。(10分、20分しか停めなくて良いときは必要な分数までコインを入れ緑ランプがつけば完了です。)

 

②クレジットカードで利用する場合

カードを差し込み、読み取れる速度で抜きます。

カードが読み取られたら、左の青2つの「TIME」ボタンで必要な分数をカウントさせ、分数をセットしたら一番右の緑「OK」ボタンを押して完了です。

 

 

 

 

その②パーキングパシーンで利用時間のチケットを購入し路上駐車するタイプ。

このタイプはPAY STATIONと言う看板がります。

↓こんな感じでマシーンの場所を案内しています。

マシーンのタイプはいくつかありますが、使い方はどれも大方同じです。

このマシーンはお札が入りませんが、お札が利用できるものもあります。

=使い方=

コイン、またはカードを読み取らせる。

停車する場所に書かれている番号を入力

利用時間を入力

画面内の「ENTER」もしくは「OK」ボタンを押す。

チケットがプリントされる。

プリントされたチケットを車内・運転席窓際に見えるように置く。

完了

 

このタイプのパーキングマシーンは料金を入れるか、画面をタッチすると、画面上に操作方法が出てくるので、手順が分かりやすいと思います。

最新のパーキングマシーンは、車のナンバーを入れなければならないものもありますが、画面に指示が出ますので順番通りに操作すれば問題なく利用できると思います。

 

 

 

そして最後に、料金を支払わずに路上駐車できるエリアでのルールを紹介。

料金を支払わず路上駐車できるのは基本的に住宅街が主です。大通りなどではめったにありません。

逆に言えば、料金を支払わずに路上駐車したいのなら、路上駐車可能な住宅街に停めれば良い。と言うことです。

※高級住宅街と言われるビバリーヒルズや、その周辺の高級住宅街では路上駐車が禁止されているエリアがありますので看板を探して可能か不可か確認してくださいね。

 

料金を支払わず路上駐車できる場所には必ずこのような看板が設置されています。

「NO PARKING 10AM-1PM FRIDAY STREET CLEANING」

金曜日 朝10~昼1時までは、このストリートを清掃するので駐車禁止

ようは、この時間帯以外は路上駐車可能と言うことです。

 

※アメリカの看板表記は利用可能な時間表記をしている看板は少なく、利用できない時間帯を表記しているものが基本ですので注意してくださいね。

 

今回は街の路上駐車事情の紹介をさせてもらいました、アメリカは車大国なので車は必須アイテム!

何処へ出かけるにも車移動が基本なので、駐車代はバカにできませんよね。

今度はロサンゼルス中心になりますが、ブックマーク間違いなしのメジャー観光スポット穴場駐車場を紹介しますね☆お楽しみに☆

 


 

-LA滞在時に知っておきたい雑記, アメリカ西海岸/カリフォルニア・ロサンゼルス情報, ロサンゼルス・交通機関

執筆者:

関連記事

ショック!今さら罰金チケットが届いた・・・アメリカあるある。

今日いつものようにポストを覗いたら、交通違反の罰金チケットが届いていた! それも去年の夏行ったサンフランシスコの時の違反チケット・・・

DTLA / LittleTokyo ロサンゼルスのお洒落さん達に大人気の☆スイーツ・カフェ☆

恒例のロサンゼルスカフェ、スイーツ店巡りに行ってきました。今回行った場所はDTLA(ダウンタウン・ロサンゼルス)LittleTokyo(リトルトーキョー)にある、とにかく販売商品が全部美味しくてインス …

Melrose Aveだけじゃない!ロサンゼルス #WallArt ☆SPOT☆

今や海外旅行の必須目的の1つになった、インスタ映えするオシャレで可愛い写真が撮れるスポット。ロサンゼルスは特にファッションやカルチャーはもちろん、衣食住の全てが注目され最も人気のある旅行先の一つですよ …

「Sprinkles Cupcakes」&カップケーキのATM!?

美味しくて見た目も可愛い「Sprinkles Cupcakes(スプリンクルズカップケーキ)」、そしてこのSprinkles Cupcakes店の横には、カップケーキのATMが隣接している事でも有名で …

LA住民が「LAで一番美味しい!」と絶賛バーガーshopに行ってきた!

まだまだLAに越してきて3年程度の私には、知らないレストランや穴場がたくさん! 先日生粋のLA生まれLA育ちのアメリカ人の友達に、「LAで一番美味しい!」と評判のバーガー(ハンバーガー)shopを教え …

プロフィール

【プロフィール】

食べること&旅行が大好き!

引っ越しが多い家庭環境で育ち、15歳から日本とアメリカを行ったりきたり・・・

アメリカは、ミシシッピ→アトランタ→ニューオリンズ→フロリダと引っ越しを繰り返し、今ロサンゼルス在住3年目です。

海外生活で知っておきたいあれこれや、アメリカを中心にした各地の旅行情報、女性が気になるコスメ実証実験レポ・乾燥対策情報などなど。

随時情報を更新しています♪
foodania_777